金沢市片町、『割烹勝一』のブログです。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20110516]
カレーなんてよそへ食べに行った方がおいしいに決まっているのだが(店を間違えなければだけど)、カレー用のスパイスとお米をもらったので久しぶりに自宅カレーに取り組んだ。

ま、結果から言うとそうとう旨いのになったのだ。

カレールー追加し放題でご飯3杯食べた。大満足。

昼食




カレーをおいしく食べようと思ったら遅くとも前日からの仕込みは必須でしょう。

今回まず使いたかったのはカラヒゴーシト(カライゴーッシュ)というスパイス。
これいただきもの(いつもおもしろいもん、ありがとね~!!!)。

そうとうな本格風味を楽しめそう。

カラヒゴーシト


玉ねぎニンニクを炒め、手羽元を炒め(手羽元は包丁まな板使わなくていいし、骨のエキスもコラーゲンも豊富でなにより安くて重宝)、ジャガイモを炒め、トマト缶を入れトマト缶の中を洗いがてら水を2缶分入れて煮込む。

レッドカレーペーストも忘れずに。

レッドカレー

自宅のガスレンジは2つあって、最初から蓋をした鍋が片っぽに乗っていた。

土曜の朝っぱらからカレーを作っていたらかみさんが台所にやって来て、

「何作ってんの?」

「カレーだよ」

「ふ~ん、隣のお鍋の蓋開けてみて」

カレー2種

あ゛・・・・・・




金曜の晩は急に飲みに出たので、その日の晩ご飯がカレーであったことなど知る由もなかったのであった。


まあ気をとりなおして土曜の晩の仕込みの話であるが、先のスパイスを乾煎りする。
これは必要な手順だよね。

他にフェンネル、デイル、アジョワンのシードも炒める。

次回は炒めた後にすり潰そうかな。でも粒粒が残ってるのも捨てがたい。

スパイス炒め


しかしこのままでは全くとろみのないカレーに仕上がってしまう。
今回はスープカレーを作るつもりではないのであるからして、なんらかのとろみが必要だ。

しかたがない、水溶き小麦粉だ。

とろみ付け

これでもよいのだろうが、食物繊維系のとろみがほしいと、翌日ニンジンの細切りを追加したがとろみにはいたらず。

食物繊維といえば、朝掘りの竹の子をいただいたので炊いた(ぼくはよくモノをいただく方かもしれない、みなさんほんとにありがとう!)。

竹の子はいきなり皮剥いてひと口大に切って一度ゆでこぼし、冷蔵庫に眠っていた『めんつゆ』みたいので炊いた。

竹の子煮

さすがにこれは若干チューチュートレイン(エグザイル→エグい)であったが許容範囲だ、大丈夫。おいしい!


:::::::::


ここから日曜の話。

さてこれが問題の華麗舞、カレー用に開発された専用のお米である。


華麗舞


どうだ!

ひまわりの種


まちがった。こりゃひまわりの種だ。
庭に植えたのだった。

畑


これがマジで華麗舞。

インディカ米とジャポニカ米を掛け合わせた品種だそうで、

長粒米のパラり感と日本米のもっちりした旨みのいいとこ取りだって。そんな都合よく行くと思う?

米粒


ご飯が炊けるまで庭仕事。

ひまわりを植え、フキを収穫し、

フキはえてる


はつか大根を植える。

紅白はつか大根


収穫したフキは、茎を煮て

ふき煮

葉っぱは胡麻油で炒め煮に。

しかしこれは残念ながら超チューチュートレインにて、食卓に出すのがはばかられた。

葉っぱ炒め煮



これだけ働いたのは、やたら天気がいいのにマラソンをサボったことへの贖罪の気持ちが大きかったに違いない。


ともかく華麗舞が炊けた。

どや!!

炊けた


ジャスミンライスのような香りはしない。

普通に和米の香り。

どや


これはいいわ。
大絶賛!!

パラパラなのにもっちりとして味わいがあり、激辛すっきり爽やか系に仕上がった本格カレー(←自賛w)とよくあって異次元のおいしさ。超最高じゃね?

このお米もいただきモノ。みなさんセンスのいいものをくれるよな~。
お土産センスって意外に大事だね。

ありがとう!!

カレーの小鉢は先ほどのフキ(実はこれも少々エグザイル)と昨日炊いて味をしみこませていた竹の子。

小鉢


すばらしい昼食でした。

ご馳走様!



:::::::


娘たちをバレエの発表会に送ったあと県立美術館に寄り、兼六園をうろうろ。

兼六園



時間になったので本多の森ホールへ。

4歳児(ブログ『おーまいガッツ』←まだ存在してた)
初舞台。


バレエ


娘の演技だけ見るとあとは興味ないので県美の山をすたこら降りて、

枝分かれ巨木


昼酒に!!!

ハートランド


昼酒とはいっても4時ぐらいだったかな。夕酒だね。

竹の子と菜の花の炒め物


休日、明るいうちに飲む酒のなんと豊かで贅沢なことだろう。

サングリア


なにごともなく、平穏な日々に感謝。



その後はもたもたと買い物にいったりして、

月夜


いいお時間になったのでいつもの飲み屋で〆。

サイゼリヤ


あ~あ、なんだかいい日曜だった。





2011-05-16(Mon) 09:05 休日 編集 |
copyright © 2005 割烹勝一 all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

地物のお刺身、ノドグロの塩焼き、鴨の治部煮など加賀料理、加賀野菜を使った季節料理などおいしいものたくさん用意しております。

定番の単品料理、工夫を凝らしたおまかせ(あるいは加賀料理の)会席コース、どれも自信アリ!
割烹ならではの落ち着いた雰囲気でお召し上がりいただけます。

近江町市場で厳選素材を仕入れ、
熟練の技と閃きで調理いたします。


■営業時間:

夜17:00-22:00(月曜定休)

■電話:076-223-1011

■宴会のご予約受け付け中!

割烹勝一ホームページ

石川県金沢市片町2-3-2
『味ビル2階』


クリック↑で地図がでます。


お値段のページは→
こちら

★ご予約はできたらメールではなくお電話で
076-223-1011


■お問い合わせメールは→こちら

あるいは簡単メールフォームからお気軽に↓
Powered by NINJA TOOLS

■当店のカウンター席は禁煙です。
ご協力お願いいたします。


■fonでwi-fi 接続できます(SB)。

■docomoのwi-fi 接続できます。

■ブログのコメントは→こちら

■以前のブログ『今日の旨いもの』→こちら

★このブログの作者は割烹勝一親方の長男。 66年早生まれO型の料理人。
勝一の跡は継がず香林坊で居酒屋『金澤もんよう』をオープン。
★勝一は親方ががんばってやっています!

●料理の写真は2012年9月からほとんどOLYMPUS PEN E-PL2+M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8で撮っています。

割烹勝一

twitter


■twilogは→こちら

最新記事

カテゴリ

関係者、同業者リンク

お友達リンク

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。